2020年2月5週目の運用結果とハイリスクEAについて思うこと

FX

昨日トイレットペーパーを買いに行ったら、どこにも売ってなくて愕然としたともぞうです。

 

嫁さん
嫁さん

おい、家にあと4ロールしかないのに、どうすんだよ!

ヒィィ、そんなこと言われても・・・。

嫁さん
嫁さん

おまえは今日から手で拭け!

そんな、漫画みたいな事言われても・・・。

 

無いものは無いので仕方ないです。

ホントに在庫は4ロールしかなくて、途方に暮れてます。

 

(大)をした後はウォシュレットで洗って、ティッシュで拭いて流さずに捨てる!!

この作戦でしばらく乗り切ろうと思ってます。

 

ティッシュは大量に流すとトイレが詰まる原因になります。

 

では、さっそく今週の結果から。

2020年2月5週目のEA

 

EA名 Lot 獲得Pips 収益
K2 0.03~0.05 △63.6 △2,215
E=MC² 0.05
BE PROUD 0.3
Breaking 0.01~0.3 △7.8 △3,512
Red Dragon 0.05
MORNING GLORY 0.1
Durandal 0.3
Legato 0.1 29.1 2,838
NFront 0.05 △3 △203
ドリームジャンボ 0.01 △5.5 △62
EA_final_max_w_mix 0.1
Cradle 0.1
Rhino 0.1
Spiral_M1AUDCAD 0.01
Estoc GBPUSD 0.05
Bloody Rose 0.1 14.9 1,358
Dragon 0.1 △4.1 △571
Galaxian Explosion 0.01 △3.3 △40
Pollen Evolution 0.1 △45.2 △5,143
Scarlet needle 0.03 12.1 294
トレプロEA 0.05~0.1 19.1 883
EA-BANKのEA 0.03~0.05 15.2 588
その他 △6945
合計 △42.1 △12,730

 

今週は月曜日の朝からEAを稼働していましたが、VIX指数が上がっていることに気づき火曜からほとんど停止しました。

その後のツイッター界隈の皆さんの成績を見てると、やはり止めて正解だったのかなと思います。

 

とはいえ、3週連続マイナスで今月トータルでも大きく負けてしまいました。

来月も新型コロナウイルスの影響であまり稼働できないかも知れませんが、勝てそうなEAに絞ってテストがてら低ロットで稼働してみるのもいいですね。

 

各EAの寸評

  • K2はここ最近はいいとこなしです。ver.3が配布されたのでver.1とver.2はストップして様子を見ます。
  • E=MC²とPROUDは週の初めから止めて、Breakingのみ金曜まで稼働していましたが、大きめの負けを喰らってマイナスになりました。おたまじゃくしカップの口座はDeal FXの長期システムメンテナンスに伴い残高を全て出金、そのままメンテナンスが終わるまで待ちます(他ブローカーへの引っ越しはしません)
  • Legatoは1エントリーでしたがしっかり勝ってくれました。週の後半まで稼働されてた人が安定した勝ち方を賞賛されてたので、荒れ相場でも強いんだと思います。
  • NFrontの実力はまだ未知数ですがゴゴジャンのフォワードを見る限り今週は勝ってるんですよね。でも先週は大負けしてるのでまだまだ様子見です。
  • LallyさんのEAは大幅に数を減らして月曜と火曜で使ってみました。途中で見た時は全部のEAが捕まっててロンドンでプラ転した感じです。でも一斉に同じ方向に入るのはやはり作者さんが同じだから仕方ないのかも。
  • トレプロEAで今週勝ったのはFlashesとRiriy&Racco’sでした。リリー&ラッコさんは安定感あると思うんですが、なぜ人気ないのか不思議。
  • EA-BANKで今週勝ったのはBee1とHunting SPIDERでした。

 

ハイリスクEAについて思うこと

今年になってからまだ2ヶ月しか経ってないのに、ツイッター界隈でEAの破綻報告をよく見かけます

ドル円の急騰が2回、ゴールドの急騰やユロドルの急落など、ナンピンマーチンEAが荒れる要因がたて続けにあったので当然かもしれませんが。

 

このブログを読んでいただいてるのは比較的初心者さんが多いと思うので、注意喚起の意味で思ってることを書きますね!

ナンピンマーチンEAは危険

まずナンピンマーチンの意味をご存知ない方は、こちらの記事をどうぞ。

ナンピン・マーチンゲールの仕組みと注意点
トレードの手法として、ナンピン、及びナンピン・マーチンゲールというモノが有りますが、ここでは、その仕組みと注意点について解説しています。今日もお越し頂きましてありがとうございます。m(__)m

 

ナンピンマーチンの手法では基本的に『損切り』はしないので平時は残高が減ることがなく、「すごく稼げるEA」に見えますよね?

でも、相場の急騰(急落)などで200~300pipsくらい動いたら含み損が急激に増えて、初心者さんの中には怖くなって自分で損切りする人が出てきます。

初心者さんの多くは「損切り」を最悪なタイミングでしてしまうので、ナンピンマーチンEAを初心者さんが使うのはオススメしません。

 

もし含み損に耐えて損切りを我慢できたとしても、運が悪ければそのまま破綻とか・・・。

 

私も過去にナンピンマーチンEAをたくさん使ってきたので、含み損が増え続ける恐怖はよく知ってます。

ナンピンマーチンEAによる口座破綻も2回経験していて、他にも強制ロスカットまでいかなくても自分で多額の損切りを数えきれないくらいやってます。

 

 

 

そして「こんなEAを使い続けて口座の残高が増えるなんてあり得ない!」とようやく気付き、今年からはナンピンマーチンを封印したのです。

多通貨タイプのナンピンEA

よくあるハイリスクなEAを分類すると、こんな感じになるかと思います。

 

単一通貨のナンピン 単一通貨でナンピン&マーチンゲール
多通貨でナンピン 多通貨でナンピン&マーチンゲール
グリッド系や単一通貨で買いのみ(または売りのみ)

 

単一通貨でナンピンマーチンするEAに対して、多通貨でナンピンするEAもたくさん出ています。

この場合、ナンピンしてもロットが増えない(マーチンゲールではない)EAもありますし、多通貨でさらにロットが増えていくナンピンマーチンタイプのものもあります。

有名な海外のEAで『Forex Gump EA』がこのタイプの先がけでしょうか?

Gumpでは3種類のリスク設定を自分で選べて「ハイ」と「ミドル」はマーチンあり、「ロー」ならマーチンなしになります。

 

ちなみにこの方のEAはGumpや『Forex Kore EA』そのものを名前を変えて配布されてます。↓↓↓↓

最初は無料で使うのもいいけど、長く使うなら本家で購入してキャッシュバックを利用した方がお得ですよ。

 

キャッシュバックについてよくご存じない方はこちらの記事をどうぞ

無料配布EAを購入してキャッシュバックで運用するとお得?

 

他にも無料配布(口座縛り)で多通貨ナンピンEAはたくさんあり、私も昨年までは複数使っていたので詳しく知りたい方は過去記事を見てください。

 

多通貨EAは、通貨ペアが増えることで収益機会は当然多くなります。

しかし、逆にエントリーしたあとに複数の通貨ペアが逆行したら・・・その分含み損は多くなり、口座が溶ける可能性は高くなります。

 

それでもナンピンマーチンEAは無くならない

なぜかと言うと、退場者が出ても新しい参加者がFX業界に入ってきて養分にされるからです。

 

あるEAが相場急変で口座破綻しても、少し経ってほとぼりが冷めたら、また誰かが同じEAの募集を再開してる。

↓こんなアカが次から次へとわいてきます。笑

私も以前使ってたMajestyですが、今年の2月にユロドルで破綻したそうです。

でも、そんな事はおかまいなしに参加者を募集するツイッターアカウントは次々新しいのが作られています。

 

「収入(IB報酬)が減ったからまた利用者を補充しなきゃ」

運営側からすれば、こんな感覚かも知れません。

 

なぜかこの手のアカウントは女性の名前&女性の写真で、いかにも素人っぽくそのEAをほめちぎる内容しかツイートされていないことが多いです。

 

こちらは比較的利用者さんが多い無料系EAです。

こんなツイートを見たらすごいEA!って思ってしまうんですが、実は1月2月で初心者さんの破綻が続出してるんですよ?

「ドローダウン8.57%」の記述がいかにもって感じで・・・。
複数のEAでナンピンしまくって200ポジ超えとか、XMの規制にひっかかって損切りを余儀なくされてるのに良いとこだけ強調されてもなぁ・・・。

 

この記事内で名前が出てきてるEAはほとんど全て初心者さんには扱いづらいので、納得いくまで調べてから使うようにしてください!

 

MAMやPAAM、シストレやミラトレなど

MAMPAAMとは簡単に言うと自分の口座に資金を入れておき、他のトレーダーにその資金を運用してもらうことです。
一方、インヴァスト証券の「シストレ24」やトレイダーズ証券の「みんなのシストレ」、ゲムホ(GEM FOREX)の「FXミラートレード」は自分の口座の資金を他のトレーダーに運用してもらうのは同じですが、複数のストラテジーを選んで組み合わせてポートフォリオにできるのが大きな違いです。

 

さきほど紹介した「三尊マンEA」はFXDDのMAMを使った仕組みになっていて、「含み損が増えてきて損切りしたくなってもできない!」なんてことになっていたそうです。

(あとになって追加されたXMバージョンでは自分で損切りはできたようですが)

 

私は最近までゲムホのミラトレもやっていたので、ついでに少し紹介しておきますね。

【長所】

  • ゲムホでアカウントを持ってる人なら簡単に始められる
  • 複数のストラテジーの入れ替えも簡単にできる
  • 海外ブローカーならではのハイレバ運用ができる

 

【短所】

  • 一つでもポジションが残っていたらミラトレを停止できない
  • MT4にログインしないとポジションを手動で決済できない
  • 資金の一部出金(他口座への振り替えも)ができない
  • 裁量トレードのストラテジーがほぼない

 

私はトレイダーズ証券の「みんなのシストレ」も使っているので、比較するとゲムホのミラトレは何かと不便なんですよね。

短所の中でも特に強調したいのは「裁量トレードのストラテジーがほぼない」というところ。

※正確には昨年12月までは裁量トレードの優秀なストラテジーがあったんですが、以前の記事で書いているので詳細は割愛します。

 

で、私が言いたいのは、「配信元がEAを使ってるMAMやPAAM、ミラトレをわざわざ選ぶ必要ありますか?」ってことです。

しかもどこにでもありそうなハイリスクなナンピンマーチンEAなら尚更です。

 

私が以前ゲムホのミラトレで利用してたストラテジー「マグ勝つEA Rondoタイプ」はどこにでもありそうな普通のナンピンマーチンEAでした。

年初のドル円の急騰に捕まって証拠金の60%の含み損1回と70%の含み損が1回、さらにその後のユロドルの急落では証拠金の90%の含み損。

 

嫁さん
嫁さん

この一連の含み損に耐え続けた人はホントに凄いと思う。

 

あれ? 言ってたことと違う。笑

 

いずれも最終的には生還してるんですが、FXを始めたばかりの初心者さんがこの含み損に耐えられると思いますか?

FXをあまり知らない初心者さんほど、「もうだめだ、損切りしよう!」っていう最悪のタイミングで切ると思うんですよね。

嫁さん
嫁さん

ゲムホがほくそ笑む姿が目に浮かぶなぁ。

 

そのくせ、カレンダー(その日の獲得pipsが見れるフォワードの一部)だけ見ると、すごく稼いでるストラテジーに見えるのが困ったものです。

 

また、裁量の有無についての質問にはこんな回答が。

でも結局、含み損が進行しても適切なタイミングで損切りされることはなく、含み損が20%超えたことで一部のユーザーさんの怒りをかっていました。

 

このマグ勝つEA、今年に入ってレビュー欄が荒れまくっているのでもう少し紹介しておきますね。笑

レビュー欄を見てると、ナンピンマーチンEAについて全く知識がないと思われる初心者さんの質問も散見されます。

でも、マグ勝つの運営さんの対応もなかなかひどい。

私もこのミラトレは1月の最初の含み損から生還したタイミングで止めたので、自分の判断が正しかったと思っています。

 

今回は注意喚起という意味で書きましたが、じゃあ「いいEAはどうやって選ぶのよ」っていうのもいずれ書かなきゃダメですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加していますので、よければ下のバナーをポチっとお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

FX 資産運用
ともぞう(偽名)をフォローする
金持ち父さんを目指すブログ(仮)

コメント