2021年1月5週目の結果|EA運用のヒント?とトラリピ再開のお知らせ

FX

こんにちは、ともぞうです。

今年の節分は2月2日ってご存知ですか?

節分が2月2日になるのは124年ぶりだそうで、そう考えると一生に一度あるかないかの激レア節分と言えますね!

 

小さなお子さんはのどに豆が詰まる危険もあるので、食べるなら6歳以上がいいようです。

 

今週のEAの結果と寸評

今週はほぼフル稼働でした。

EA名 1月4週の成績 2021年累計
獲得Pips 収益 獲得Pips 収益
市販EA △128.1 4,689 △279.1 △6,071
IB 15.4 248 △51.7 △17,889
トレプロ △4.9 833 24.8 5,827
EA-BANK 56.1 2,084 64.7 2,897
合計 △61.5 7,854 △241.3 △15,236

 

先週末に各EAのエントリー位置をざーっと眺めて「自分好みのEA」と「好みじゃないEA」に区別しました。

「自分好みのEA」の中で昨年までの実績があり信頼できる奴はロットそのまま、もしくはアップ。

「好みじゃないEA」や「どっちかまだ判別できないEA」はロット0.01からのスタート。

という訳で今週は獲得pipsで負けてても、収益はプラスという結果になりました。

 

まだ細かくチェックできてないEAもありますし、最近使い始めたEAもあり当面は試行錯誤しながらロットを調整していく予定です。

 

寸評

市販EAのMVEはLegatoで、次いでWFSR、Spiralという順でした。

データを取ろうと他のEAもたくさん使ってるんですが、上記3EA以外では合計200pips超負けてる現実を考えると今週は厳しい相場だったんだなぁと実感します。

IBでは金ツッパさんのEAが3つともトータルプラスでしたが、先週大負けしたのでロットは落としてます。

トレプロはデータ取りのために新EAを3つ追加してましたが、そのうちの一つが金曜に往復ビンタを喰らって軍団の成績を落としてしまいました。

でも全体的には悪くない成績なので、ここから絞り込みを進めていきます。

EA-BANK軍団も新EAを複数追加してデータ取りをして、色々発見がありました。

別アカで既に使ってるAtlasは全勝でMVE、話題の「Power of Japan」は毎日エントリーでしたが2勝3敗で、この月末アノマリー?は今のドル買い基調では厳しいんじゃないかと思います。

 

EA運用のヒント(妄想)

あくまで妄想です。笑

Power of Japanとルルメで最近追加になった月末アノマリーのセットファイルを使い始めましたが結果は惨敗。

ドル円は今年に入ってから短期・中期で上昇トレンドに入ってきてるのでショートのみのトレードでは不利だと思います。

来週以降はどちらも稼働停止して、データも取りません。

だって負けが濃厚なので低ロットでもさすがに、、、ねぇ。

また、Power of Japanのフォワードをゴゴジャンで確認したら、調子が良かったのはコロナ以降~昨年末までのドル円下降トレンド中でした。

当たり前っちゃ当たり前の話ですが、「だったら逆にそれを利用すれば・・・」ってなりませんか?

この後のトラリピのところを読んでいただくと勘のいい方なら「おおっ」となるか「そんな事知ってるわ、常識やろヴォケ」となるかと。

 

先週のUGさんの考え方と、この「妄想」をミックスして来週から一部のEAでテストをしてみます。

 

注目通貨ペアの分析

まずはドル円の日足です。

※画像はクリックすると拡大します

日足のトレンドラインを実体でブレイクしたとはいえ、まだまだ目線は下。

ただ直近最安値で完成した逆三尊は右肩上がりで、ロング勢も相当強そうに見えます。

 

続きまして4時間足です。

4時間足ではラス戻りブレイクから高値更新で上昇トレンドに入っています。

エリオットでは現在3波の途中で、画像の紫のラインが最初の利確目標のライン。

日足で見るとこの105.13付近は意識されている重要なラインなので手堅くいくならここですが、日足でトレンド転換するならさらに上を目指す可能性があります。

どこまで上がるかはわかりませんが、この波で日足のラス戻りブレイクまで上がるか、次の波(4時間足の5波)でブレイクできればその後大きな調整に入るとみています。

 

次はユロドルの週足です。

以前から何度も言ってますがユロドルのゴールはハッキリしています。

しかしECBがユーロ高をけん制する発言をしているそうで、しばらく上値が重くなる可能性も。

私は先週までショートを何度かやったんですが、1.205付近の強いサポートに邪魔された感じです。

画像で引いた急角度のチャネル下限に近付いてきましたので、上に行くかチャネルを割って調整に入るか注目のポイントです。

ちなみに先週の週足は長い下ヒゲで終わってますので来週は上がりそうな雰囲気?

 

次は日足を見てみましょう。

どっちに動いてもおかしくない場所なので少し複雑になりました(;’∀’)

 

上位足で上昇トレンドだからと言って切下げライン抜けから簡単に上がるとは思えないので、別のシナリオを3つ考えてみました。

さらに上を目指すためにもう一段調整をいれて、直前の親波に対してフィボ61.8まで戻してから上がるシナリオ①。

水色の四角で囲んだレンジの上限でもあり、ここも強いサポートと認識できます。

もっと深いレンジ下限まで押してから上を目指すシナリオ②。

これは直前の親波の全戻しの位置ですが、上昇チャネルの起点からのフィボで50%付近になりますのでありかなと、、、。

最後の③は同じラインまで押してそのままレンジもしくはもう一段深い調整を作りにいくシナリオです。

 

最初に書きましたように長期では目指してるのは上なので、チャンスがあればもちろんロングを狙います。

しかしユーロドルのロングは「ドル売り」なので直近のトレンドから判断するとすぐに上はないかなとも考えられますよね。

 

トラリピの戦略

お久しぶり~のトラリピですが、今週からユロ円Lで再開しました。

画像はユロ円の週足です。

トレンドラインを上抜け、ラス戻りもブレイク。

ラス戻り付近でリテスト(やや深く入りましたが)が入ってからの上昇中で、ここでロングした人も多いでしょうね。

しかし127.1付近の強いラインで上値を抑えられていて、ここを超えられるかが当面の課題です。

ただ、よ~く見るとチャネルライン下限に沿ってアセンディングができていて、下値を強く切り上げてるのがわかります。

という訳で、上昇基調が続くと判断してロングのみで取るトラップを仕掛けました

今回は10pips幅でTPが20pipsのトラップを30本(SLなし)です。

当面の目標はN値で1枚目の水色の値幅、アセンディングなら2枚目のピンクのラインになります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加していますので、よければ下のバナーをポチっとお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

FX 資産運用
ともぞう(偽名)をフォローする
金持ち父さんを目指すブログ(仮)

コメント