2020年9月4週目の結果と来週の注目通貨ペア他

FX

こんにちは、ともぞうです。

昨日は息子の中学の運動会でした。

生徒は仕方ないとして、コロナ禍の中で 父兄が密集するイベントって学校も気つかうだろうなぁと思いながら見に行ってきました。

受付で除菌スプレーを置いて、父兄用の席はなし(立ち見のみ)。

大半の人はマスクしてるけど、中にはマスクしてない人もちらほら。

屋外だし、今の雰囲気ならこれで十分かなって感じですね。

 

では、今週もEAの結果から。

2020年9月4週と2020年累計成績

今週は週明けが祝日だったので水曜からの稼働で、金曜は早めにクローズしてました。

 

EA名 9月4週の成績 2020年累計
獲得Pips 収益 獲得Pips 収益
Legato △2.0 △344 72.8 △5,553
トリボナッチEA 0.3 △280
勢いに乗るっす 45.2 4,287 270.2 22,456
Lightning 14.7 1,328 18.2 993
Cradle △2.1 △354 87.9 7,611
時間は平等 11.4 1,404 16.5 △751
Aggressive △80.7 △26,025
ルールメイカー 20.6 1,771 33.1 △1,729
Spiral 6.9 546 31.4 5,167
K2 △201.1 △7,502
NightNinja2 5.8 580 28.3 2,983
MORNING GLORY 3.6 1,168 93.7 20,762
DURANDAL 21.8 10,608 131.9 42,554
Hydrangea 22.4 4,197 56.8 3,681
Little busters 1.7 △73 △56.0 △12,684
ChallengeScalMorning 18.4 1,164 129.7 14,122
BreakScalper 19.9 2,117 79.7 8,420
あさぽん 73.9 7,390 306.6 30,457
トレプロEA 82.9 6,925 1,023.8 5,367
EA-BANKのEA 10.4 1,021 523.8 △3,169
その他海外EA 18.4 2,225 △126.1 △55,513
合計 373.9 45,960 2,440.8 51,367

 

先週負けた分を取り返して今月プラ転できました。

ツイッターであまり見かけないんですが、Spiralがアップデート後すごくいい感じです。

FOXを買収して飛ぶ鳥を落とす勢いですね。

6/22からのデータでは大きな負けがなくて通算で110pips獲得です。

ロット上げたいんですが、一度大きく負けてからにしようかなと考えてます。

CSMシリーズもずっと好調をキープしてるので、負けたらロットアップしようかな。

 

あと、あさぽんが最近調子良いですが、このEAはトレンド無視(?)なので放置は危険だと思いますよ。

 

注目通貨ペアの分析

さて、今週も裁量目線で注目の通貨ペアを紹介していきます。

 

まずはドル円からです。(画像は1時間足)

今ドル円は転換するか、そのまま上に伸びるかのポイントに来ていると思います。

転換のシナリオにはいくつか根拠があって、ここで調整が終わる可能性は高いとみています。

  • 重要な水平線で反応
  • その水平線は一つ前の親波のフィボ61.8
  • チャネルライン上限にタッチ
  • 切上げラインをブレイクしリテストが入った

でも重要な水平線付近で何度か押し返されて、下げにいったのに押し安値で跳ね返された後に高値を更新しています。

直近の値動きをレンジと判断するなら、この高値更新はレンジブレイクと捉えることもできますので、買いの勢いもまだまだ強いと思われます。

というわけで、上下どちらかに決着がつくまでは手出しはできないですが、もし下落だったらおいしい相場になりそうです。

 

続きましてユロ円です(画像は4時間足)。

 

色々ラインを引いてるとたくさんのラインが重なるポイントが数日前にあったんですね。

これは見落としてましたが、ここで入るショートは鉄板だったなぁと少し後悔・・・。

 

4時間足で見ると意識される押し安値のラインをブレイクしてきれいなリテストが入り、ここから下落3波を作りにいってるところと見ています。

 

ここからのシナリオは3通りです。

①紫の線で挟んだ三角持合いを下抜けて一気に下がる

②三角持合いをいったん上抜けて(3-2)チャネルラインの上限タッチから下げに転じる(3-3)

③今の価格を底に、ここから逆三尊の右肩を作って反転上昇に転じる

 

ユロ円ではなく「ユーロ」単体の値動きで見るなら、今は日足で三角持合いの中でもみ合いに入りました。

つまり、この後どちらに動くかわからないので③のシナリオも可能性としてはあるんですよね。

ユロ円日足で見るとフィボで反転してもおかしくないタイミングでもあります。

 

次はドルスイス(画像は4時間足)。

先日の記事で「上がるしかない形」と書いた場所から一気に吹き上げました。

画像のチャネルラインを突き抜けたので、上昇トレンドと見ていいと思います。

 

で、ここからのシナリオを3通り予想してみました。

①しばらく押し目もなくグイグイ上がる

②一度チャネルライン上限までリテストが入ってから再び上昇(5波と想定)

③まだ完全に抜け切れていないため再びチャネルラインに潜りこんでくる

 

過去の値動きを見ても一気に上げるシナリオは濃厚で、その際の上昇の目途は画像でも確認できる直近の高値付近です。

②のシナリオなら押し目からロングを拾っていけるので裁量でエントリーできる理想的な場所。

ただし、ドル円のシナリオでお伝えした通り、ドル円はここから下げに転じる可能性が高いです(50%くらい?)。

なので、そうなったらドルスイスも一緒に売られやすく、③のシナリオになる可能性も残されています。

 

トラリピの戦略

今までは「ドルスイスのL」でトラリピをしかけていましたが、トラップゾーンをかなりの勢いで突き抜けていったので一時停止しました。

追いかけて今の価格から少し上の場所からトラップを仕掛けてもいいんですが、もし急落したら大きな含み損を抱えてしまいます。

裁量のところでもお話したようにドル円の今の上昇が単なる調整だったとして、来週から下げに転じたらドルスイスもつられて下げる可能性が高いです。

ドルスイス②のシナリオになった場合は、再度の上昇を見込んでLのトラップを仕掛けるのはいいと思います。

 

他の通貨ペアで良さそうなのがあれば変えてもいいんですが、今監視しているペアの中にはありませんでしたのでドルスイスの様子見とします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加していますので、よければ下のバナーをポチっとお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

FX 資産運用
ともぞう(偽名)をフォローする
金持ち父さんを目指すブログ(仮)

コメント