2020年9月2週目の結果と来週の注目通貨ペア他

FX

こんにちは、ともぞうです。

9月に入ってようやく朝晩は過ごしやすくなってきましたね。

しつこかった暑さもようやく峠を越したようです。

 

先週お知らせした通り、今回から構成を変更しています。
  1. EAの結果
  2. 注目通貨ペアの分析
  3. トラリピ戦略

 

特に裁量のアウトプットは大事だと思っていて、

「どうせ毎週末に分析するんだったらブログに載せちゃえ」的なw

 

ではまずはEAの結果から。

2020年9月2週と2020年累計成績

今週からEAを再開しましたが、水曜と木曜の約2日程度でした。

 

EA名 9月2週の成績 2020年累計
獲得Pips 収益 獲得Pips 収益
Legato 4.0 286 74.8 △5,209
トリボナッチEA 0.3 △280
勢いに乗るっす 227.6 18,588
Cradle 67.6 5,811
時間は平等 5.1 △2,155
Aggressive 0.9 △24 △80.7 △26,025
ルールメイカー △6.2 △728 41.5 △456
Spiral 9.7 779 0.3 2,695
K2 14.5 1,459 △199.5 △7,333
NightNinja2 4.2 420 23.7 2,503
MORNING GLORY 5.4 1,435 90.1 19,594
DURANDAL 38.7 19,245 113.7 34,732
Hydrangea 29.7 △1,733
Little busters △0.2 82 △59.5 △13,093
ChallengeScalMorning 68.0 5,553 71.8 10,533
BreakScalper 59.8 6,303
あさぽん 42.0 4,200 235.2 23,317
トレプロEA △2.5 △3,721 910.7 △4,071
EA-BANKのEA 52.7 4,839 565.2 1,350
その他海外EA △113.8 △15,549 △30.5 △41,905
合計 117.4 18,276 2,146.9 23,166

DURANDALが快勝、CSMは複数通貨ペアでほぼ全勝でした。

朝スキャで68pipsはかなり優秀では?

 

反対に足を引っ張ったのは海外勢で、特にWSAのドルスイスが派手に捕まってフルSL。

通貨ペアをさらに絞りこんで再スタートです。

 

新生EA-BANK軍団もいいですね。

別アカで使ってるわいぞーさんの傑作「Atlas」がEA-BANKに追加されたので、機能の違いなどを比較してから検討したいと思ってます。

注目通貨ペアの分析

さて、今週から注目している通貨ペアを私なりに分析して発信していくコーナーを始めました。

先週もお伝えした通り裁量は勉強中の身なので、そのアウトプットの一環としてやっていきます。

 

まずはドル円です。

※クリックで画像は拡大します

1時間足~日足まで下目線ではありますが、4時間足で支配波(太い紫のとこ)の中で完全にレンジになっています。

一度は上昇ダウを形成して高値ブレイクを試みたんですが、安倍総理の辞任発表で急落。方向性がますますわからなくなってしまいました。

これをエリオットの修正1波と見るなら今は2波の中、3波目で押し安値を割ってレンジブレイクを試すかな?

レンジをどちらかに抜けるまでは目線は下で固定ですが、動きがハッキリしなさすぎなので裁量はもちろん、EAもドル円のやつは止めたいくらい。

 

次はポンド円です。(画像は日足)

日足ではまだ上昇トレンド中ですが、4時間足ではトレンド転換を果たし今週から下降トレンドになりました。

その際にレジサポとして機能した画像中央の太い紫の水平線わかりますか?

過去にも効いてるラインなので今後も重要なラインとしてチェックしておきましょう。

さて、エリオットでみると日足では推進5波を終え、今は修正の1波目を終えたかなという場面です。

予測チャネルの下限にタッチしフィボ61.8まで降りてきてるので、ここから2波を作りにいく動きを予想しています。

先ほど書いた重要なレジサポラインを超えずに三尊の右肩を作って反転すれば、下降トレンド継続で修正3波目の大きな下落が見込めます。

逆にレジサポラインを上抜けてきた場合はさらに上を目指し上昇トレンドになります。

いずれにしても、週明けのあさぽんはLで入って欲しい局面ですが・・・。

 

続きましてスイス円(画像は4時間足)

切上げライン抜けからのエリオット修正3波目を今週Sで取らせていただきました。

その後の反転上昇で切り上げラインにリテストが入り、再びSを狙いたい場面です。

ただし、今の上昇がエリオットのどの部分なのかによってシナリオは3パターンに分かれます。

もう5波まで終わった(1時間足ではそう見えなくもないです)場合は①のシナリオ。

推進3波が終わって4波目だとするなら②のシナリオ。

2波目が終わってこれから3波目を作りにいくなら、三尊否定で上昇トレンド継続のシナリオ③。

裁量できちんとタイミングをとれるなら、どのシナリオでも3波目が狙えるおいしいチャートですね。

 

他にも注目通貨ペアが多数で来週は裁量する人にはいい相場だと思います。

ただし、今の時点で方向性がハッキリしないドル円やユロドルはスルーで(;^_^A

 

トラリピの戦略

新コーナー第2弾!

これは私が仕掛けてるトラリピの戦略を発信していくコーナーです。

戦略って偉そうに言いましたが、通貨ペアとLかSかだけですね、今のところ・・・。

※もし大損しても責任は取れないので、絶対にマネしないでください。

 

まずは今仕掛けてる通貨ペアを紹介します。

ドルスイスのロングを0.923から5pipsごとに30本しかけてます。

(TPは10pips、損切りはなし、Axioryのスワップは+)

 

8月19日からこの通貨ペアでやってるので画像の紫の矢印のあたりから仕掛けてる感じですね。

もうちょい下にトラップをズラした方がいいのでは?

というご意見もあるかと思いますが、ポジションが残った状態でそれをやるとなぜか隙間ができてしまってうまくいかないんですよね・・・。

ネットで拾ってきた無料のEAなので文句は言えません。

 

で、来週以降はどうなるのか・・・

ドルスイスは4時間足で、ようやく底を打ったかなと見ています。

見える人には見えると思いますが、逆三尊のネックラインが切上がって右肩上がりになるやつ(私は鉄板だと思ってます)ですね。

さらにトレンドラインで挟んだ場所はウォルフ波動になっていて、2-4ライン抜けからちょうどリテストが入ったところ。

「もう上がるしかないんじゃ?」と思えるくらいのチャートです。

パっと見た感じ1時間足ならエリオットは修正波の途中に見えるので、裁量でやるなら切下げラインを引いてタイミングを測る場面です。

すぐにロングしたら踏まれる可能性高いですよ。

これはあくまでトラリピの戦略なので少々下げても気にしません。

もちろん同じトラップで継続ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加していますので、よければ下のバナーをポチっとお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へにほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(1年目)へ

FX 資産運用
ともぞう(偽名)をフォローする
金持ち父さんを目指すブログ(仮)

コメント